コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉かぎる タマカギル

デジタル大辞泉の解説

たま‐かぎる【玉かぎる】

[枕]玉がほのかに輝く意から、「夕」「日」「ほのか」「はろか」「ただ一目」などに、また「磐垣淵(いはかきふち)」にもかかる。
「―夕さり来(く)れば」〈・四五〉
「―ほのかに見えて別れなばもとなや恋ひむ逢(あ)ふ時までは」〈・一五二六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまかぎる【玉かぎる】

( 枕詞 )
玉が微光を放つ意から「夕」「日」「ほのか」「岩垣淵」などにかかる。 「 -昨日の夕見しものを/万葉集 2391」 「 -日も重なりて/万葉集 3250

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉かぎるの関連キーワード空蝉・空蟬・虚蝉・虚蟬夕さり夕さる万葉集

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android