コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一目 イチモク

デジタル大辞泉の解説

いち‐もく【一目】

[名](スル)
ただちょっと見ること。一見。「一目して状況を把握する」
ひとめに見渡すこと。一望。
「洛陽の平原は―の中に落ちて」〈蘆花思出の記
碁盤上の一つの目。また、1個の碁石。
網や網状になったものの一つの目。→目(もく)

ひと‐め【一目】

一度だけ、または、ちょっとだけ見ること。「一目見て気に入る」「一目で正体を見破る」
一度に広い範囲を見渡すこと。「町が一目で見渡せる」
目の中いっぱい。
「涙を―受けて見おこせ給へる」〈・須磨〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちもく【一目】

( 名 ) スル
ただひと目見ること。一見。 「 -して明らかだ」
ひと目に見渡すこと。一望。 「洛陽の平原は-の中に落ちて/思出の記 蘆花
網状のものの一つの目。
囲碁で、一個の碁石。または、碁盤上の一つの目。
[句項目]

ひとめ【一目】

ちょっと見ること。 「 -会いたい」
景色などが、一度ですべて見えること。一望。 「峠から町は-で見渡せる」
目にいっぱいであること。 「涙を-浮けておはするに/源氏 宿木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一目の関連キーワード大分県中津市耶馬溪町深耶馬いちもくにゅうどうバグダッドの秘密アイキャッチャー羽虱目・羽蝨目カルトグラム入り・出待ち真正蜘蛛目振り放く一目瞭然ふらっと一目惚れ飛螻蛄目見るから一望千里一目千本目に余る四季絵薊馬目白蟻目

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一目の関連情報