コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉函山石窟 ぎょくかんざんせっくつ

1件 の用語解説(玉函山石窟の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

玉函山石窟【ぎょくかんざんせっくつ】

中国,山東(さんとう)省済南(さいなん)の南東約17kmにある仏峪(ぶつよく)寺わきの石灰岩の絶壁に彫られた仏龕(ぶつがん)。584年―600年作という造像記とともに,隋代の特徴をもつ92体の仏・菩薩像が5層に分けて刻まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

玉函山石窟の関連キーワード海南島済南事件山東省山東済南山東菜山東白菜山東半島歴山山東還付問題

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone