コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏龕 ぶつがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏龕
ぶつがん

仏像,名号,位牌など,仏教における尊崇対象を安置するための厨子,壁の凹所 (ニッチ) または小室。壁面に設ける場合は,一般に前面が開放されているか,もしくは開放可能で,側面と背面が閉じられ,上方がおおわれた形をとる。場所は建造物の外壁,内壁のほか天然の岩壁,石窟の内壁など多様であり,石窟全体を仏龕と呼ぶこともある。仏壇も広義には仏龕に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶつ‐がん【仏×龕】

仏像・位牌(いはい)などを安置しておく厨子(ずし)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶつがん【仏龕】

仏像などを安置する厨子ずし

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仏龕の関連情報