コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏龕 ぶつがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏龕
ぶつがん

仏像,名号,位牌など,仏教における尊崇対象を安置するための厨子,壁の凹所 (ニッチ) または小室。壁面に設ける場合は,一般に前面が開放されているか,もしくは開放可能で,側面と背面が閉じられ,上方がおおわれた形をとる。場所は建造物の外壁,内壁のほか天然の岩壁,石窟の内壁など多様であり,石窟全体を仏と呼ぶこともある。仏壇も広義には仏龕に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶつ‐がん【仏×龕】

仏像・位牌(いはい)などを安置しておく厨子(ずし)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶつがん【仏龕】

仏像などを安置する厨子ずし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仏龕の関連キーワードチーナン(済南)特別市バーミアーン石窟玉函山石窟宝慶寺石仏麦積山石窟雁塔聖教序響堂山石窟天竜山石窟雲門山石窟金剛峯寺鞏県石窟祐国寺塔田口米舫嵩岳寺塔羅什寺塔雲岡石窟笠塔婆念持仏松広寺須弥壇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android