コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王力 おうりき

大辞林 第三版の解説

おうりき【王力】

1901~1986) 中国の言語学者。一般言語学の方法による中国語法体系の確立に努めた。著「中国音韻学」「中国現代語法」「漢語史論文集」など。ワン=リー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

王力【おうりき】

中国の言語学者。広西省博白の出身。上海南方大学,清華大学国学研究院などで学び,27年,フランスに留学,パリ大学で博士号取得。32年帰国後,清華大学,昆明西南連合大学,中山大学で教え,54年以降は北京大学教授を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の王力の言及

【文字学】より

…その後章炳麟(しようへいりん)は《国故論衡》で23部,黄侃(こうかん)は28部と,時代がくだるにしたがい精密さを増していった。今では王力の29部が最も新しい部分けである。声母に関しては,銭大昕(せんたいきん)が上古においては軽唇音と舌上音のなかったことを明らかにし,章炳麟は娘母と日母のなかったことを明らかにした。…

※「王力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王力の関連キーワード歴史語言研究所一般言語学小山剛志ワンリー中国語

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王力の関連情報