コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王家の紋章

2件 の用語解説(王家の紋章の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

王家の紋章

細川知栄子あんど芙~みんによる漫画作品。現代と古代のエジプトを舞台に、3000年の時をめぐる壮大な歴史ロマン。『プリンセス』1976年10月号から連載開始。秋田書店プリンセスコミックス既刊56巻。第36回(1990年度)小学館漫画賞 少女部門受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

王家の紋章

「細川智栄子あんど芙~みん」によるマンガ作品。1976年の「月刊プリンセス」10月号(秋田書店)から連載が始まり、2015年8月現在も継続中。15年7月までに60巻の単行本と22巻の文庫本が発刊されている。累計発行部数は約4000万部。1990年に「第36回小学館漫画賞」の少女向け部門を受賞している。
考古学を学ぶためにエジプトに留学した主人公キャロルリードが、古代エジプト王(ファラオ)であるメンフィスの墓を暴いたため、メンフィスの異母姉・アイシスの呪いによって古代エジプトにタイムスリップしてしまうことから、物語は始まる。
16歳の米国人であるキャロルは、金髪に青い目という容姿や、現代人としての価値観や考古学の知識のために、「ナイルの娘」「黄金の姫」として古代エジプト人から尊敬を集める存在となる。
その後、17歳の少年王・メンフィスと恋に落ち、困難を経て王妃となるが、メンフィスに近づく女性を敵対視するアイシスに命を狙われたり、権力争いや暗殺計画など様々な抗争に巻き込まれたりする。
古代エジプトの王室内の争いにとどまらず、近隣諸国からのエジプト侵攻も描かれており、キャロル自身もたびたび奪われる対象となる。
これまで、映像化やアニメ化など、マンガ以外の作品として見ることはできなかったが、2016年8月に東京・帝国劇場ミュージカル化される。キャロルはSNH48/SKE48の宮澤佐江と新妻聖子のダブルキャストで、メンフィスは浦井健治が演じる。音楽は「エリザベート」「モーツァルト!」などを手掛けたシルベスター・リーバイで、演出は宝塚歌劇団で演出を手掛けた荻田浩一である。

(若林朋子 ライター/2015年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王家の紋章の関連キーワードあんたが悪いっ& -アンドこんにちはマイコンじゃじゃ馬グルーミン★UP!チルヒバット君バツ&テリー100年たったらみんな死ぬ牡丹灯篭みき&ユーティ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

王家の紋章の関連情報