環境危機時計(読み)かんきょうききどけい

知恵蔵miniの解説

環境危機時計

地球環境の悪化に伴う人類存続の危機の程度を時計の針で表したもの。旭硝子財団が、1992年より世界各国の環境問題の専門家や政府関係者らに毎年実施しているアンケート調査の結果から時刻を導き出し、公表している。時刻による危機感の目安は、0~3時は「ほとんど不安はない」、3時1分~6時は「少し不安」、6時1分~9時は「かなり不安」、9時1分~12時は「極めて不安」と分類される。13年の時刻は9時19分だった。

(2013-9-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

かんきょうきき‐どけい〔クワンキヤウキキ‐〕【環境危機時計】

地球環境の悪化を時計の針で示す指標。平成29年(2017)は9時33分。
[補説]旭硝子財団が世界の環境問題専門家に出したアンケートの結果からまとめる。平成4年(1992)に開始。0時~3時を「ほとんど不安はない」、3時1分~6時を「少し不安」、6時1分~9時を「かなり不安」、9時1分~12時を「極めて不安」と分類する。→終末時計

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環境危機時計の関連情報