コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環頭大刀柄頭 かんとうのたちつかがしら

防府市歴史用語集の解説

環頭大刀柄頭

 刀をにぎる部分の先(柄[つか])に円形のかざりがついているものを環頭大刀[かんとうのたち]と言いますが、柄の先端のことです。中には龍[りゅう]や鳳凰[ほうおう]、けものを型どった模様をつけたものもあります。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

環頭大刀柄頭の関連キーワード丹後平古墳群壱岐古墳群

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環頭大刀柄頭の関連情報