コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環頭大刀 かんとうたち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環頭大刀
かんとうたち

上古時代の刀剣の一種で,古くは高麗剣 (こまつるぎ) とも称していた。柄頭 (つかがしら) の装飾の形状が環状をなすもの。起源は中国で,日本には古墳時代中期に伝播した形式。「こまつるぎ」は『万葉集』では「わ」の枕詞として用いられている。種類としては環頭にまったく文様のないものや,鳳凰文竜文などを配したものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんとう‐だち〔クワントウ‐〕【環頭大刀】

柄頭(つかがしら)が環状になった大刀。高麗剣(こまつるぎ)。頭椎(かぶつち)の大刀(たち)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

環頭大刀【かんとうのたち】

柄頭(つかがしら)に環状の飾りをつけた大刀。環内に飾りのない素環頭大刀と,環内に竜・鳳凰幾何学文透彫をもつものがある。後者は,刀身と把頭は別作りになっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

環頭大刀

 刀をにぎる部分の先(柄[つか])に円形のかざりがついているものを言います。中に龍[りゅう]や鳳凰[ほうおう]、けものの模様をつけたものもあります。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

環頭大刀
かんとうのたち

把頭(つかがしら)に環状の金属飾りを装備した大刀の総称。古くは高麗剣(狛剣)(こまつるぎ)とよんだ。足金物(あしかなもの)や鐔(つば)を用いず、鞘(さや)と把縁(つかぶち)も呑口(のみぐち)式となるのを原則とする。その源流は中国、朝鮮にあるが、古墳時代のものは、環体とその内部装飾により、素環(そかん)、三葉(さんよう)環、三累(さんるい)環、竜鳳(りゅうほう)環、獅噛(しがみ)環の形式が知られ、時期別による型式差も認められている。百済(くだら)武寧王陵(ぶねいおうりょう)の単竜環刀(たんりゅうかんとう)の存在から、官位の象徴として、大和(やまと)朝廷より各地の有力層に配布された儀刀(ぎとう)とする説が有力視されている。[馬目順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の環頭大刀の言及

【大刀】より

…しかし,一方では大刀と書いて〈つるぎ〉と読むこともあって,記紀では大刀と剣との形の区別は厳密でない。また,古墳時代から奈良時代までの,主として直刀に属するものを〈大刀〉と書き,平安時代以降の外反り(そとぞり)刀を〈太刀〉の文字であらわすのが習慣であるが,考古学用語としては,古墳時代の内反りの素環頭(そかんとう)大刀も,便宜上〈大刀〉と書いている。あるいは,刃を下向きにして腰に下げるものを〈たち〉とし,刃を上向きにして帯に差すものを〈かたな〉と呼ぶと説明するが,4~5世紀の大刀の佩用方法は明確でないから,これは6~8世紀の大刀と後世の日本刀との相違を述べたものにすぎない。…

【刀装】より

…古代の刀装は,刀剣のほとんどが古墳からの出土品であるため,木製のものは腐朽して伝わらず,わずかに鹿角製のもの(鹿角装刀剣)があるほかは,すべて鉄あるいは金銅製である。それを柄頭(つかがしら)の形状から分類すると,環頭(かんとう)大刀,頭椎(かぶつち)大刀,圭頭(けいとう)大刀,円頭大刀,蕨手(わらびで)刀などがある。環頭大刀は頭が輪形になっているところからの名称で,元来中国から朝鮮を経て伝えられた形式に属し,高麗剣(こまつるぎ)とも呼ばれている。…

※「環頭大刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

環頭大刀の関連キーワード高知県高岡郡日高村下分銚子塚古墳〈福岡県〉大塚山古墳〈福島県〉高知県高岡郡日高村会津大塚山古墳東大寺山古墳三津永田遺跡丹後平古墳群環頭大刀柄頭神原神社古墳吉備塚古墳壱岐古墳群持田古墳群和水(町)柳本古墳群日高(村)荒島古墳群埼玉古墳群日高[村]小村神社

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環頭大刀の関連情報