生を視ること死の如し(読み)せいをみることしのごとし

精選版 日本国語大辞典「生を視ること死の如し」の解説

せい【生】 を 視(み)ること死(し)の如(ごと)

(「列子仲尼」の「視死、視富如貧、視人如豕、視吾如人」による) 天命んじて生死を超越する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生を視ること死の如し」の解説

せいることごと

《「列子」仲尼から》生死を超越し、天命に安んじて心を労しない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android