天命(読み)てんめい(英語表記)Tian-ming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天命
てんめい
Tian-ming

天の命令。あらゆる中国思想に共通して存在する観念であるが,儒教においてはその基礎的な概念となった。天命には2側面がある。1つは,『中庸』の冒頭の「天の命ずる之を性と謂う」に端的に示されているように人間の内面と結びつく修養倫理学説であり,これは宋代に朱子ら道学者たちによって再構築された。もう1つは,天命を受けた天子による天下統治の政治学説であり,易姓革命の王朝交代に理論を提供した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐めい【天命】

天の命令。天が人間に与えた使命。「人事を尽くして天命を待つ」
人の力で変えることのできない運命。宿命。
天の定めた寿命。天寿。「天命を全うする」「天命が尽きる」
天の与える罰。天罰。
「―とはいいながら富五郎はばたばた苦しみまして」〈円朝・真景累ヶ淵〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんめい【天命】

運命をいう。原義は天の神の命令という意味であったが,天の命令は人力ではいかんともしがたいものであるところから,人間の外にあって,人間のあり方を規定する力を意味するようになった。しかし〈使命〉の意味に解することがある。天命に〈命〉と〈使命〉の2義が含まれているため,《論語》の〈五十にして天命を知る〉の天命は,運命(自分にはこれだけしかできない)なのか,使命(これだけはどうしてもしなければならない)なのか,解釈が分かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんめい【天命】

生まれた時から定まっている運命。宿命。
天から授けられた寿命。天寿。
天の命令。天から与えられた使命。 「人事を尽くして-を待つ」
[句項目] 天命を知る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天命
てんめい

旧中国で、超越的存在としての天が人間に命じ与えたものをいう。西周時代には、天は、無道の君主から天子たるべき命を取り上げ、新しい王朝に命を降(くだ)すとされた。これは、殷(いん)を滅ぼした周がその位置を正当化しようとしたことによるもので、『書経』『詩経』や金文(きんぶん)に現れる。この考え方は、王朝の交代を説明する易姓(えきせい)革命の原理として、以後も中国の政治思想や歴史意識に大きな影響を残した。天命は、天下全体の問題として考えられたとともに、個々の人間の段階では、運命の意味において、さらには、人間の固有の道徳性を内容とするものとして解された。『論語』に「天命を知る」とあるのはそれである。また一般的には、宿命観を表すことばとして広く使用された。[内山俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天命の言及

【天明】より

…現栃木県佐野市街の南西部分。天命とも書いた。特産物の天明鋳物は古くから知られ,〈東山時代,関東の天明釜をもって良とす〉(《和漢三才図会》)と,西の芦屋釜に対して高い評価をうけている。…

【天子】より

…中国において天帝の息子として,天帝に代わって全世界を統治する者をいう。周王朝の初年,周公(旦)らが発展させたという天命の思想によれば,天帝は天の命令を下して一つの王朝(それは血縁関係で継承される)に天下の統治をまかせるのであるが,その王朝が徳を失うと天帝はそれを見捨て,別に徳ある者を見つけ,その者を天の元子(あととり息子)と認知して,代わって天命を与える(天人相関説)。その子孫が代々天子として,天に見捨てられるまで,天下を統治してゆく。…

※「天命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天命の関連情報