コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生死 しょうじ

6件 の用語解説(生死の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生死
しょうじ

仏教用語。生命体が成立することと,生命体が活動を停止すること。仏教では,生きとし生けるものは母胎に胎児として宿ったときから絶えず生滅を繰返すとし,これを刹那の生死という。また,青年時代を経て死にいたることを一期 (いちご) の生死という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じ〔シヤウ‐〕【生死】

《「しょうし」とも》
生きることと死ぬこと。生と死。「生死を共にする」
仏語。衆生(しゅじょう)が生まれては死に、死んでは生まれる苦しみ・迷いの世界。輪廻(りんね)。
死ぬこと。死。
「―の到来ただ今にもやあらん」〈徒然・四一〉

せい‐し【生死】

生きることと死ぬこと。生と死。いきしに。しょうじ。「生死をともにする」「生死の境をさまよう」「生死不明」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうし【生死】

生きることと死ぬこと。せいし。 「 -の境に迷ひしが/鉄仮面 涙香」 → しょうじ

しょうじ【生死】

〔「しょうし」とも〕
生きることと死ぬこと。せいし。 「 -の境をさまよう」
〘仏〙 生老病死の四苦における始めと終わり。前世の業の結果として生死を繰り返す迷いの世界。輪廻りんね。生死輪廻。
死。 「われらが-の到来、ただ今にもやあらん/徒然 41
[句項目]

せいし【生死】

生きることと死ぬこと。いきしに。しょうじ。 「 -不明」 「 -にかかわる」 「 -を共にする」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生死の関連キーワード鵜匠右丞相劫初左丞相盛者証誠翅鞘生所悚悚藤原正子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生死の関連情報