コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生死 しょうじ

6件 の用語解説(生死の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生死
しょうじ

仏教用語。生命体が成立することと,生命体が活動を停止すること。仏教では,生きとし生けるものは母胎に胎児として宿ったときから絶えず生滅を繰返すとし,これを刹那の生死という。また,青年時代を経て死にいたることを一期 (いちご) の生死という。この生死を無限に繰返す状態が輪廻 (りんね) である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じ〔シヤウ‐〕【生死】

《「しょうし」とも》
生きることと死ぬこと。生と死。「生死を共にする」
仏語。衆生(しゅじょう)が生まれては死に、死んでは生まれる苦しみ・迷いの世界。輪廻(りんね)。
死ぬこと。死。
「―の到来ただ今にもやあらん」〈徒然・四一〉

せい‐し【生死】

生きることと死ぬこと。生と死。いきしに。しょうじ。「生死をともにする」「生死の境をさまよう」「生死不明」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうし【生死】

生きることと死ぬこと。せいし。 「 -の境に迷ひしが/鉄仮面 涙香」 → しょうじ

しょうじ【生死】

〔「しょうし」とも〕
生きることと死ぬこと。せいし。 「 -の境をさまよう」
〘仏〙 生老病死の四苦における始めと終わり。前世の業の結果として生死を繰り返す迷いの世界。輪廻りんね。生死輪廻。
死。 「われらが-の到来、ただ今にもやあらん/徒然 41
[句項目]

せいし【生死】

生きることと死ぬこと。いきしに。しょうじ。 「 -不明」 「 -にかかわる」 「 -を共にする」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生死の関連情報