コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生命科学ブレークスルー賞 せいめいかがくぶれーくするーしょう Breakthrough Prize in Life Sciences

2件 の用語解説(生命科学ブレークスルー賞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

生命科学ブレークスルー賞

生命科学分野で画期的な成果を上げた研究者に贈られる賞。アメリカのフェイスブック、グーグルアップルなど大手IT企業の首脳陣らが出資する非営利財団により、2013年に創立された。受賞者は毎年選ばれ、賞金300万ドル(約2億8000万円)が授与される。各年の受賞者は選考委員となり、翌年以降の選考に参加することになっている。 初回受賞者には人工多能性幹細胞(iPS細胞)を開発した京都大学山中伸弥教授など世界の研究者11人が選ばれた。

(2013-2-26)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生命科学ブレークスルー賞
せいめいかがくぶれーくするーしょう
Breakthrough Prize in Life Sciences

難病の治療や人間の生命を延ばすための研究など、生命科学分野で画期的な成果を上げた研究者へ贈られる賞。2013年2月、ロシアの企業家であるミルナーYuri Milner(1961― )の提唱により創設され、同時に第1回の受賞者が発表された。副賞300万ドル。受賞資格に年齢制限はなく、複数の人物が賞を共有することも可能で、同一人物の複数回の受賞も認められている。
 賞の創設と同時に、賞を運営する非営利団体「生命科学ブレークスルー賞財団Breakthrough Prize in Life Sciences Foundation」も設立された。財団の代表にはアップル社会長のレビンソンArthur D. Levinson(1950― )が就任し、創設者にはミルナー、レビンソンのほか、フェイスブック社会長兼最高経営責任者のザッカーバーグMark Zuckerberg(1984― )、ザッカーバーグの妻で医学博士のチャンPriscilla Chan(1985― )、グーグル社共同創業者のブリンSergey Brin(1973― )、ブリンの妻で遺伝情報解析企業23andMe創業者のウォイッキAnne Wojcicki(1973― )が名を連ねている。
 第1回の受賞者は、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を開発し、2012年(平成24)にノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学教授の山中伸弥をはじめ、アメリカ、オランダ、イタリアの研究者の合計11名。第2回の選考からは、オンラインでだれもが候補者を指名できることが告知されている。また、第2回以降は過去の受賞者が選考委員を務めている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生命科学ブレークスルー賞の関連キーワード生命科学科研費画期的・劃期的画期的脳科学中村桂子学術創成研究費計算科学技術活用型特定研究開発推進事業国際共同研究事業特別推進研究

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生命科学ブレークスルー賞の関連情報