コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生石鼻 おいしばな

1件 の用語解説(生石鼻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生石鼻
おいしばな

生石崎ともいう。兵庫県淡路島,洲本市東端にある岬。諭鶴羽山地の東端が友ヶ島水道に水没したとき水没を免れてできた岬で,第2次世界大戦前は要塞地帯であったが戦後は開放され,レクリエーション地に変った。瀬戸内海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の生石鼻の言及

【友ヶ島水道】より

…北は大阪湾,南は紀伊水道とつながる。和歌山市の田倉崎と洲本市の生石鼻(おいしのはな)を結ぶ最狭部は幅わずかに約10kmである。友ヶ島と総称される地ノ島,沖ノ島の2島が海峡に浮かび,これら2島によって三分された海峡は,東から順に,紀伊半島と地ノ島間の加太(かだ)ノ瀬戸(別名地ノ瀬戸。…

※「生石鼻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone