コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諭鶴羽山地 ゆづるはさんち

4件 の用語解説(諭鶴羽山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諭鶴羽山地
ゆづるはさんち

兵庫県淡路島南端にある傾動地塊の山地。最高峰は標高 609mの諭鶴羽山。上部白亜系の和泉砂岩から成り,大阪府の和泉山脈から香川県の讃岐山脈に続く西南日本内帯山地が,友ヶ島水道鳴門海峡の陥没で連絡を断たれて孤立化したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆづるはさんち【諭鶴羽山地】

兵庫県淡路島の南部にあり,ほぼ東西に走る傾動地塊山地。諭鶴羽山(608m),柏原山(569m)など標高500~600mの山が連なる。海峡を隔てて東の和泉山脈,西の讃岐山脈とつながり,いずれも和泉層群が基盤岩である。三原平野にのぞむ北側斜面はゆるやかであるが,南側は直線状の断層崖となって紀伊水道に落ち込んでいる。南側の沖合2kmには沼(ぬ)島が浮かび,海岸線と沼島の間に西南日本を内帯と外帯に分ける中央構造線が走る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕諭鶴羽山地(ゆづるはさんち)


兵庫県淡路(あわじ)島南部の山地。東の友ヶ島(ともがしま)水道沿岸から南西方向に約22kmにわたって延びる標高200~600mの山地。北西側は洲本(すもと)平野につながる。南側は直線状の断層崖(だんそうがい)をなし、沖合の沼()島との間に中央構造線が走る。最高峰は諭鶴羽山(標高608m)。紀淡(きたん)海峡沿岸と諭鶴羽山一帯は瀬戸内海国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諭鶴羽山地
ゆづるはさんち

兵庫県淡路島南部にある断層山地。最高峰の諭鶴羽山(608メートル)を中心として、400~500メートル級の山地が東西に延びる。近畿地方の和泉(いずみ)山脈から四国の讃岐(さぬき)山脈に連なる接点にあり、おもに和泉砂岩層からなる。北側は緩傾斜だが、南側は顕著な断層崖(がい)となって紀伊水道に臨み、西南日本を走る中央構造線の一部となる。南斜面には野生のスイセンや鳴門(なると)ミカンが多くみられる。[吉田茂樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の諭鶴羽山地の言及

【淡路島】より

…行政上は1市2郡10町に分かれ,近世に蜂須賀氏の城下町であった洲本市が行政や交通の中心になっている。本州と四国が瀬戸内海の陥没で分離したときに残った地塁状の島で,地形的に大きく北部の津名丘陵,南部の諭鶴羽(ゆづるは)山地と,その中間の地溝帯である三原平野,洲本平野に区分できる。花コウ岩からなる津名丘陵は明石海峡陥没以前は六甲山地と一続きの山地であった。…

※「諭鶴羽山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

諭鶴羽山地の関連キーワード兵庫県淡路市岩屋兵庫県淡路市浦兵庫県淡路市尾崎兵庫県淡路市仮屋兵庫県淡路市草香兵庫県淡路市里兵庫県淡路市佐野兵庫県淡路市志筑兵庫県淡路市多賀兵庫県淡路市南鵜崎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone