コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸内海国立公園 せとないかいこくりつこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬戸内海国立公園
せとないかいこくりつこうえん

瀬戸内海のほぼ全域に及ぶ自然公園。和歌山県兵庫県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県福岡県大分県の 10域を占め,瀬戸内海に浮かぶ島々と海岸沿いの地域を含む。面積 669.34km2。陸地内海型海岸風景を代表する公園として,1934年備讃瀬戸を中心とする岡山県,香川県,広島県の多島海域が指定され,1950,1956,1963,1970年と指定区域が拡張された。明るい陽光にはえる白砂青松の小島や岬,穏やかな海など景勝地が多く,溶岩丘や溶岩台地,塩田,段々畑,近代的工場などが内海の風景に多彩な変化を与える。瀬戸内海は瀬戸内海地溝帯と呼ばれる陥没地帯で,断層が複雑に走っているために,深くなっているところや,浅く陥没しているところなど変化に富み,火山岩の流出,長年月にわたる浸食や堆積によって今日のような複雑な地形がつくりだされた。岡山県倉敷市の鷲羽山,広島県福山市の仙酔島,香川県高松市郊外の屋島などからの展望に優れる。備讃瀬戸,忽那諸島などは風景が優れており,鳴門海峡関門海峡明石海峡来島海峡では潮流が見どころ。そのほか著名な景勝地としては,淡路島小豆島の浦,厳島(宮島),新和歌浦友ヶ島などがあり,高崎山,小豆島は野猿の名所。弥山の原始林,生島(兵庫県赤穂市)および峨嵋山(山口県光市)の樹林,鳴門の根上がり松は国指定天然記念物。海路を中心に文化の開けたところで,由緒ある社寺をはじめ数々の遺跡,史跡がある。公園域内には牛ヶ首海域公園地区地家室海域公園地区伊崎海域公園地区沖家室海域公園地区がある

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

瀬戸内海国立公園

国立公園は「我が国の風景を代表するに足りる傑出した自然の風景地」で、その保護や生物多様性の確保のために指定される。瀬戸内海は1934年、雲仙霧島とともに日本で初めて指定された。大阪から福岡までの1府10県の陸域約6万7千ヘクタール、海域約83万7千ヘクタールにまたがり、全国最大の国立公園。約1千の島が散在する多島美が特色

(2017-03-16 朝日新聞 朝刊 山東・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せとないかい‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【瀬戸内海国立公園】

瀬戸内海の主要部を占める国立公園。10府県にまたがり、源平(げんぺい)の古戦場などの史跡に富む。昭和9年(1934)指定。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

瀬戸内海国立公園【せとないかいこくりつこうえん】

瀬戸内海の沿岸や島々の景勝地からなる国立公園。10府県にまたがり,面積627.81km2。1934年指定,1950年鳴門・宮島地区など,1956年六甲地区など,1963年加太(かだ)地区,1968年五色台地区追加指定。
→関連項目相生[市]庵治[町]淡路[町]淡路島家島[町]愛媛[県]大分[県]大久野島岡山[県]尾道[市]香川[県]久賀[町]呉[市]芸予諸島神島塩飽諸島洲本[市]瀬戸田[町]瀬戸内海徳島[県]友ヶ島水道中島[町]仁尾[町]廿日市[市]東野[町]兵庫[県]広島[県]福岡[県]北条[市]北淡[町]御津[町]宮島[町]牟礼[町]室津山口[県]豊[町]栗林公園和歌山[県]和歌山[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せとないかいこくりつこうえん【瀬戸内海国立公園】

瀬戸内海一帯に散在する景勝地を含む国立公園。数多い島々と内海がつくりだす美観が中心で、一〇県にまたがる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕瀬戸内海国立公園(せとないかいこくりつこうえん)


瀬戸内海沿岸を中心とする国立公園。近畿(きんき)・中国・四国・九州の沿岸部と東の友ヶ島(ともがしま)水道(紀淡(きたん)海峡)・鳴門(なると)海峡、西の関門(かんもん)海峡・速吸(はやすい)瀬戸の海峡に囲まれた海域からなる。日本随一の多島海景観に優れる。史跡・社寺が多いのも特徴。面積6万6934ha。1934年(昭和9)に広島・岡山・香川の3県にまたがる地域が日本最初の国立公園の一つとして指定された。その後、1950年に鳴門・宮島(みやじま)、1956年に六甲(ろっこう)、1963年に加太(かだ)、1968年に五色台(ごしきだい)などの地区が追加された。六甲山・鷲羽(わしゅう)山などからの展望、うず潮で有名な鳴門海峡、島嶼(とうしょ)美の家島(いえしま)諸島・塩飽(しわく)諸島・芸予(げいよ)諸島の各諸島、宮島と厳島(いつくしま)神社など多くの景勝地があり、厳島神社は1996年(平成8)世界遺産(文化遺産)に登録された。本州四国連絡橋として瀬戸大橋(1988年)、神戸-鳴門ルートの明石海峡大橋(1998年)、尾道-今治ルートの西瀬戸自動車道(しまなみ海道(かいどう)1999年)が完成、本州・四国側が一体となった観光名所になっている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬戸内海国立公園
せとないかいこくりつこうえん

瀬戸内海の主要部を占める国立公園。国立公園法により1934年(昭和9)雲仙(うんぜん)、霧島(きりしま)とともに最初の国立公園に指定。当初の指定区域は広島、岡山、香川の3県にまたがる島々の景勝地であったが、56年(昭和31)に拡張されて、紀淡、鳴門(なると)、豊予(ほうよ)、関門(かんもん)の4海峡に囲まれた地域に及び、沿岸10県、海域を除く陸地面積は669.34平方キロメートル。海域は瀬戸内海の大部分(大阪湾・播磨灘(はりまなだ)・伊予灘・周防(すおう)灘の大部分と燧(ひうち)灘の四国沿岸を除く)を占め、海域を含めるとわが国最大の国立公園となった。特色は、白砂青松の多島海、潮流の激しい海峡などの自然景観と、海路を媒介に繁栄した文化の遺産である遺跡、史跡、社寺である。著名な景勝地としては、紀淡海峡、兵庫県の六甲山、室津(むろつ)・赤穂御崎(あこうみさき)などの西播(せいばん)海岸、家島(いえしま)諸島、淡路(あわじ)島、岡山県の日生(ひなせ)諸島、牛窓、金甲山、王子ヶ岳、鷲羽(わしゅう)山、笠岡(かさおか)諸島、広島県の鞆(とも)、野呂(のろ)山、休(やすみ)山、厳(いつく)島(宮島)、山口県の周防(すおう)大島、笠戸島、大島半島、火の山と関門海峡、徳島県の鳴門海峡、香川県の小豆(しょうど)島、直島(なおしま)諸島、屋島、五剣(ごけん)山、五色台、琴平(ことひら)山、塩飽(しわく)諸島、愛媛県の佐田岬と豊予海峡、広島県と愛媛県にまたがる大三島(おおみしま)・生口島(いくちじま)・因島(いんのしま)・大島などを含む芸予(げいよ)諸島、大分県の姫島(ひめしま)などがある。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の瀬戸内海国立公園の言及

【瀬戸内海】より

…家船や石ぶろの習俗は,戦後,生活様式の変化などによってほとんど見られなくなった。 1934年多島海域が日本唯一の内海式海岸風景を代表するところとして瀬戸内海国立公園に指定され,現在その範囲は大阪府を除く沿岸10県に及んでいる。しかし瀬戸内工業地域の発展に伴って人工海岸化が著しく,赤潮や油などの公害,漁業不振などの問題が起こってきた。…

※「瀬戸内海国立公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

瀬戸内海国立公園の関連キーワード野呂山キャンプ場・オートキャンプ場休暇村瀬戸内東予休暇村讃岐五色台渋川(岡山県)高島(大分県)休暇村紀州加太休暇村大久野島休暇村南淡路北条〈市〉御津[町]国東[市]大山祇神社宮島[町]宮島水族館倉橋〈町〉津田の松原久賀[町]朝倉〈村〉阿伏兎岬鹿久居島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬戸内海国立公園の関連情報