コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友ヶ島水道 ともがしますいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

友ヶ島水道
ともがしますいどう

紀淡海峡ともいう。和歌山県北西部の田倉崎と,兵庫県淡路島生石 (おいし) 鼻の間の海峡。大阪湾から紀伊水道に通ずる。海峡には友ヶ島があり,これを境に和歌山側の加太瀬戸と淡路島側の由良瀬戸に分れる。神戸,大阪,堺の各港に出入りする大型船舶の交通量が多い。瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

友ヶ島水道【ともがしますいどう】

和歌山県北西端と淡路島の間,最狭部約10kmの海峡。紀淡海峡ともよび,古くは由良戸(ゆらのと)とも称した。友ヶ島と総称される沖ノ島と地ノ島があり,西から由良瀬戸(主水道),中瀬戸,加太瀬戸に分かれる。
→関連項目紀伊水道

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ともがしますいどう【友ヶ島水道】

紀伊半島北西端と淡路島との間に横たわる海峡で,紀淡(きたん)海峡とも呼ばれる。北は大阪湾,南は紀伊水道とつながる。和歌山市の田倉崎と洲本市の生石鼻(おいしのはな)を結ぶ最狭部は幅わずかに約10kmである。友ヶ島と総称される地ノ島,沖ノ島の2島が海峡に浮かび,これら2島によって三分された海峡は,東から順に,紀伊半島と地ノ島間の加太(かだ)ノ瀬戸(別名地ノ瀬戸。幅約800m),地ノ島と沖ノ島間の中ノ瀬戸(幅約500m),沖ノ島と淡路島間の由良(ゆら)瀬戸(幅約4km)と名づけられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕友ヶ島水道(ともがしますいどう)


和歌山県北西端と兵庫県淡路(あわじ)島南東端の間の海峡。中間に地ノ(じの)島・沖ノ(おきの)島などからなる友ヶ島が浮かび、東から加太ノ瀬戸(かだのせと)・中ノ(なかの)瀬戸・由良(ゆら)瀬戸の3水道がある。主要航路の由良瀬戸は幅約3.6kmで最大潮流3.6ノットに達し、航行船舶が輻輳(ふくそう)する。両岸一帯と友ヶ島は第二次世界大戦中まで要塞地帯だったが、戦後は観光地となり瀬戸内海国立公園に指定された。紀淡(きたん)海峡とも。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

友ヶ島水道の関連キーワード洲本[市]諭鶴羽山地加太ノ瀬戸瀬戸内海洲本温泉要塞地帯観光地輻輳

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android