コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業技術実用化開発補助事業

1件 の用語解説(産業技術実用化開発補助事業の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

産業技術実用化開発補助事業

「産業技術実用化開発補助事業」とは、新技術の実用化開発に取り組む事業者に対し補助を行い、実用化開発支援をする事業を指す。新たな市場・雇用の創造に貢献しうる技術の実用化を行う民間企業を対象としており、NEDOを通して公募が行われ、スピンオフ企業、大学発ベンチャーなどに対して重点投資が行われる。補助金額は1件あたり1億円/年以下、補助対象経費の2/3または1/2で、原則2年間のみ補助が行われる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産業技術実用化開発補助事業の関連キーワード補助事業新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO核開発JRDC高等産業技術学校技術移転プランナー産業技術強化法産業技術ジュニアフェローシップ産業技術フェローシップ事業(技術者養成事業)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone