コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲府鳥もつ煮 こうふとりもつに

1件 の用語解説(甲府鳥もつ煮の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

甲府鳥もつ煮

鶏のモツを砂糖と醤油で甘辛く照り煮した山梨県甲府市ご当地グルメ。1950年頃、甲府市内の蕎麦屋が考案した鳥もつ煮が評判となって他の飲食店に伝播し、地域に定着したのがはじまり。町おこしのために甲府市の名を冠して「甲府鳥もつ煮」と命名され、2008年より甲府市役所職員有志による「みなさまの縁をとりもつ隊」が普及活動を行っている。10年の「第5回B-1グランプリin厚木」、11年の「関東B-1グランプリin行田」、13年の「2013関東・甲信越B-1グランプリin勝浦」でそれぞれゴールドグランプリを獲得している。

(2013-9-31)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲府鳥もつ煮の関連キーワード甘辛甘辛煮卯の花飯煮魚煮付け甘辛煎餅胡桃餅烏賊飯烏賊霰照り煮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲府鳥もつ煮の関連情報