甲府鳥もつ煮(読み)こうふとりもつに

知恵蔵miniの解説

甲府鳥もつ煮

鶏のモツを砂糖と醤油で甘辛く照り煮した山梨県甲府市のご当地グルメ。1950年頃、甲府市内の蕎麦屋が考案した鳥もつ煮が評判となって他の飲食店に伝播し、地域に定着したのがはじまり。町おこしのために甲府市の名を冠して「甲府鳥もつ煮」と命名され、2008年より甲府市役所職員有志による「みなさまの縁をとりもつ隊」が普及活動を行っている。10年の「第5回B-1グランプリin厚木」、11年の「関東B-1グランプリin行田」、13年の「2013関東・甲信越B-1グランプリin勝浦」でそれぞれゴールドグランプリを獲得している。

(2013-9-31)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲府鳥もつ煮の関連情報