コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町村有林 ちょうそんゆうりん

1件 の用語解説(町村有林の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

町村有林
ちょうそんゆうりん

町村の自治体が所有する山林。自然村落時代の村山が明治維新後,町村制の実施によって町村有林部落有林などになったもので,現在では法制上,町村有,財産区有,区有の3種類に分れている。また経営形態としては,町村が直接山林施業に従い,財政収入を得るものと,入会慣行を継承して住民共同利用を認める共用地的なものとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone