コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山 ムラヤマ

7件 の用語解説(村山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むらやま【村山】[地名]

山形県中東部の市。最上川が貫流。農業が行われる。中心の楯岡(たておか)はもと最上氏の城下町羽州街道の宿場町。人口2.7万(2010)。
東京都中北部の地名。狭山丘陵の南側。現在は武蔵村山市

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むらやま【村山】

山形県中東部、山形盆地北部の市。中心の楯岡たておかは城下町、羽州街道の宿場町として繁栄。主産業は農林産物加工業。最上徳内もがみとくないの生地。
東京都北部、武蔵村山市から東村山市にかけての地域。狭山さやま茶・村山絣がすりを産する。

むらやま【村山】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕村山(むらやま)


古代国郡制の出羽(でわ)南東部の旧郡名、および山形県中部の郡名・地方名。古代の村山郡は現在の新庄盆地とその周辺、および山形盆地北半部に及ぶ郡で、南側に最上(もがみ)郡があった。文禄(ぶんろく)年間(1592~96)に行われた太閤検地(たいこうけんち)時から村山郡と最上郡が入れ替わって認識され、正保元年(1644)の国絵図で北側が最上郡、その南に村山郡という位置関係の誤認が確定した。その後、近代の村山郡は1878年(明治11)、新郡区編制で東西南北を冠した4郡に分割された。「村山」はその総称であり、庄内(しょうない)・最上・置賜(おきたま)とともに県内を4分する区分称の一つ。県庁所在地の山形市のほか上山(かみのやま)市・寒河江(さがえ)市・天童(てんどう)市・東根(ひがしね)市・村山市・尾花沢(おばなざわ)市などの都市があり、県内の行政・経済・交通・文化の中心地域をなす。諸都市はJR奥羽(おうう)本線や国道13号などで結ばれ、都市圏を形成する。果樹・ホップ葉タバコ栽培が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村山
むらやま

東京都北西部、多摩湖南方の武蔵野(むさしの)台地一帯をいう。武蔵七党の一つ村山党の領域で、現在は東村山市、東大和市、武蔵村山市、西多摩郡瑞穂(みずほ)町などの地域。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の村山の言及

【武蔵村山[市]】より

…東京都中北部の市。1970年村山町が市制,改称。人口6万7015(1995)。…

※「村山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村山の関連キーワードカルラエトミス出羽国郡出羽富士山県アーミド出羽三山神社出羽ノ花国市国郡制

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村山の関連情報