コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畦蚊帳吊 アゼガヤツリ

デジタル大辞泉の解説

あぜ‐がやつり【×畦蚊×吊】

カヤツリグサ科の一年草あぜ湿地に生え、高さ30~70センチ。三角柱で細く堅い。葉は細長く、基部は鞘(さや)になって茎を囲む。夏、穂状の淡黄色の花をつける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あぜがやつり【畦蚊帳吊】

カヤツリグサ科の一年草。原野の湿地、田の畦に多い。茎は細くてかたい。高さ約40センチメートル。夏から秋に、扁平な多数の小穂をつける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

畦蚊帳吊 (アゼガヤツリ)

学名:Cyperus globosus
植物。カヤツリグサ科の一年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

畦蚊帳吊の関連キーワード原野小穂

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android