コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番所(ばんどころ)きゅうり

デジタル大辞泉プラスの解説

番所(ばんどころ)きゅうり

長野県松本市で生産されるキュウリ形状は太く短く、長さ約20cmほど。皮は薄く水分が多く、生食のほか浅漬けなどに加工して食する。来歴不詳だが、乗鞍高原地域で昭和初期から栽培されている。「番所うり」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

番所(ばんどころ)きゅうりの関連キーワード長野県松本市

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android