来歴(読み)らいれき

精選版 日本国語大辞典 「来歴」の意味・読み・例文・類語

らい‐れき【来歴】

〘名〙
物事がそれまで経過してきた次第由来
太平記(14C後)四「武士共は敢て其来歴(らいレキ)を知らず。思咎る事も無りけり」 〔滄浪詩話‐詩法〕
② 人の履歴経歴
※羅葡日辞書(1595)「Chronici〈略〉デンキ、raireqiuo(ライレキヲ) キロク スル モノ」
③ これまでのしきたり前例

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「来歴」の意味・読み・例文・類語

らい‐れき【来歴】

物事のそれまで経てきた次第。由緒。由来。「名画来歴を調べる」「故事来歴
人の経歴。履歴。「半生来歴を語る」
[類語]いわれ由緒由来故事縁起歴史沿革変遷道程歴程足跡そくせき歩み年輪因縁来由成り立ちルーツ始まる因る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「来歴」の読み・字形・画数・意味

【来歴】らいれき

由来がある。〔甌北詩話、十一〕(黄山谷の詩)劉得、詩を論じて謂ふ、來無きの字は、輩未だ嘗(かつ)て用ひず。孫老も亦た謂ふ、杜(甫)詩、一字として來無きもの無しと。

字通「来」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android