生食(読み)セイショク

デジタル大辞泉 「生食」の意味・読み・例文・類語

せい‐しょく【生食】

[名](スル)《「なましょく」とも》なまのまま食べること。「牡蠣かき生食する」
[類語]冷食

なま‐しょく【生食】

[名](スル)せいしょく(生食)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「生食」の意味・読み・例文・類語

せい‐しょく【生食】

  1. 〘 名詞 〙 食物をなまのままで食べること。
    1. [初出の実例]「鰺〈略〉一種有室鰺者。狭小肉薄故不生食。曝乾作腊而稍好」(出典本朝食鑑(1697)九)
    2. [その他の文献]〔本草綱目‐南瓜〕

いけずき【生食・生&JISF19F;・池月】

  1. 佐々木高綱源頼朝から賜わった名馬の名。梶原景季の「磨墨(するすみ)」と宇治川合戦先陣を争ったことで有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳 「生食」の解説

生食

病院で使われる「生理食塩水」。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android