異なりがる(読み)ケナリガル

デジタル大辞泉 「異なりがる」の意味・読み・例文・類語

けなり‐が・る【異なりがる】

[動ラ四]《形容詞「けなりい」の語幹接尾語「がる」の付いたもの》うらやましく思う。
芸子に目をつかはせ、下なる見物に―・らせける」〈浮・胸算用・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android