コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見物 ケンブツ

デジタル大辞泉の解説

けん‐ぶつ【見物】

[名](スル)
催し物や名所旧跡などを見て楽しむこと。「芝居を見物する」「高みの見物
見物人。「見物が多い」
見る価値のあるおもしろいもの。みもの。

み‐もの【見物】

見るだけの値打ちのあるもの。見てすばらしいと感じるもの。「この対戦カードは見物だ」
見物すること。また、その人。
「かの―の女房達」〈胡蝶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんぶつ【見物】

( 名 ) スル
〔「みもの」の漢字表記「見物」を音読みした語〕
催し物・名所などを見て楽しむこと。また、その人。 「祭りを-する」 「 -客」 「 -人」 「 -席」
見るべき価値のあるもの。みもの。 「前代未聞の-なり/太平記 8

みもの【見物】

見る価値のあるもの。 「あのときの彼のあわてようは-だった」 「最近にない-だ」
見物すること。また、その人。 「かの-の女房達/源氏 胡蝶

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見物の関連情報