見物(読み)ケンブツ

デジタル大辞泉の解説

けん‐ぶつ【見物】

[名](スル)
催し物や名所旧跡などを見て楽しむこと。「芝居を見物する」「高みの見物
見物人。「見物が多い」
見る価値のあるおもしろいもの。みもの。

み‐もの【見物】

見るだけの値打ちのあるもの。見てすばらしいと感じるもの。「この対戦カードは見物だ」
見物すること。また、その人。
「かの―の女房達」〈胡蝶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐ぶつ【見物】

〘名〙
① (━する) 催し物、名所、ある情景、事件などを見て楽しむこと。観覧。
※御堂関白記‐長和五年(1016)三月一二日「此暁女方渡堂見物」
※三河物語(1626頃)二「何たる物見にも是に過たる事はあらじとてけんぶつする」
② (催し物、できごとなど)わざわざ見る価値のあるおもしろいもの。みもの。
※曾我物語(南北朝頃)一「わかき人々、相撲とりたまへ。見てあそばん。けんふつには、上やあるべき」
③ 見物する人。みて。観客。見物者。見物人。
※後二条師通記‐康和元年(1099)二月一三日「見物成市、従近衛東行」
※今昔(1120頃か)一「見物、市を成す、上中下人、残る事无(な)し」
[補注]和語「みもの」の漢字表記「見物」を音読してできた和製漢語であろう。

み‐もの【見物】

〘名〙
① 見てすばらしいと感じるもの。見るに値するもの。
※宇津保(970‐999頃)あて宮「君だちまゐり給へり。物どもひとたびにもてつらねて参る、みものなり」
② 見物すること。かたわらから見ること。また、その人。
※落窪(10C後)二「をかしき見ものも、今はもろともにとなん思ひ給ふる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報