コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異体類 いたいるい

1件 の用語解説(異体類の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異体類
いたいるい
[学]Heterosomata

カレイ目魚類Pleuronectiformesと同義語で、体は左右不相称、両眼は体の片側にあるすべての種が含まれる。ボウズガレイ亜目とカレイ亜目からなる。ボウズガレイ亜目は同一種でも両眼が体の右側にある個体と左側にある個体がいること、背びれの前鰭条(ぜんきじょう)が棘(とげ)であること、背びれは頭の後部から始まることなどの特徴をもち、ボウズガレイ科のみを含む。カレイ亜目は両眼が種によって左右どちらかの片側にあること、背びれに棘がないこと、背びれが頭の前部から始まることなどの特徴をもち、コケビラメ上科、カレイ上科およびウシノシタ上科の3科が含まれる。コケビラメ上科にはコケビラメ科のみを、カレイ上科にはヒラメ科、ダルマガレイ科、カレイ科およびスコフタルムス科の4科を、そしてウシノシタ上科にはカワラガレイ科、ベロガレイ科、ササウシノシタ科、ウシノシタ科など8科を含む。2006年にカナダの魚類学者ネルソンJoseph S. Nelson(1937―2011)によって改訂された新しい分類体系により、従来カレイ科とされていたカワラガレイ亜科とベロガレイ亜科はそれぞれ科に昇格されて、ウシノシタ上科に移された。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の異体類の言及

【カレイ(鰈)】より

…体色はじみな種が多く,暗褐色または黄褐色であるが,まれに背びれやしりびれに鮮明な斑紋のある種もある。 カレイ科の魚はヒラメ科,ウシノシタ亜目の魚とともに形態が非常に特殊であり,総称して異体類と呼ばれる。体が非常に側扁し,体の片側に両眼がついており,それに伴って頭蓋骨もねじれている。…

※「異体類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone