鰭条(読み)キジョウ

大辞林 第三版の解説

きじょう【鰭条】

魚のひれを支える角質あるいは骨質の線状構造物。基部は担鰭骨で支えられる。鰭棘ききよくと軟条とがある。ひれすじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐じょう ‥デウ【鰭条】

〘名〙 魚類(ひれ)を構成する膜状部を支える細長い骨。基部は担鰭骨に支えられ、鰭の外縁に向かってのびる。棘と軟条の二種がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鰭条の言及

【ひれ(鰭)】より

…ひれの構造は軟骨魚類と硬骨魚類とではやや異なる。軟骨魚類ではひれの表面は皮膚に覆われ,内部には角質の細長い鰭条fin ray(ひれすじともいう)が並び,基部は軟骨によって支えられる。硬骨魚類ではひれは細長い鰭条とこれらをつなぐ鰭膜とからなり,基部は担鰭骨によって支えられる。…

※「鰭条」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android