コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畳彩山 じょうさいざん

1件 の用語解説(畳彩山の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

じょうさいざん【畳彩山】

中国の広西チワン族自治区桂林(けいりん)(コイリン)にある山。四望山、手越山、明月峰、白鶴峰の4つの奇峰からなる。明月峰から桂林市を望む眺めはすばらしく、「江山会景処」といわれている。山腹の洞窟には有名な漢詩が刻まれ、元晦の「畳彩山記」と「四望山記」、李乗綬の蘭竹の画、女流詩人・陳長生の「風洞題壁」などが有名で、80体もの仏像も彫られている。◇山肌の地層が縞模様を見せることからこの名称がついた。山頂には、1年中風が吹き抜ける風洞があるので、「風洞山」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畳彩山の関連キーワード荊州広西壮族自治区西江華南彝族広西チワン族広西チワン族自治区チワン族(壮族)霊渠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone