山腹(読み)さんぷく

精選版 日本国語大辞典「山腹」の解説

さん‐ぷく【山腹】

〘名〙 山の頂上と麓との間の部分。山の中腹。山のなかほど。
※山陽遺稿(1841)文集「山渓相迫処、鑿山腹道、又穿牖取明」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉二「汗を拭って、山腹を上る」 〔蘆山記〕

やま‐はら【山腹】

〘名〙 山の頂上と麓との中間の部分。さんぷく。
※赤光(1913)〈斎藤茂吉〉木こり「山腹の木はらのなかへ堅凝りのかがよふ雪を踏みのぼるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android