コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風洞 ふうどう wind tunnel

翻訳|wind tunnel

4件 の用語解説(風洞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風洞
ふうどう
wind tunnel

空気の一様な流れを人工的につくる装置。航空機自動車,船舶,建造物などに作用する気流の影響を測定したり,気流の性質そのものを研究することを目的とする。プロペラ式の送風機によって風を起こす低速風洞,真空タンクに空気を吸い込んだり,高圧タンクからの圧縮空気を使い,音速に近い風速をつくる高速風洞など各種のものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

風洞

人工気流で、飛行中に加わる空気力を計測する装置。模型の寸法効果を減少させる大型低速風洞、低温・高圧の気流を使う高レイノルズ数風洞、空気の圧縮性の影響を調べる遷音速風洞、超音速飛行中の空気力を調べる超音速風洞、空力加熱の影響を調べる極超音速風洞などがある。数値計算風洞はスーパーコンピューターで流れの状態を可視化する計算機システム

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふう‐どう【風洞】

人工的に空気の流れをつくるためのトンネル形の装置。航空機・自動車・橋梁などが気流から受ける影響の実験などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふうどう【風洞】

人工的に空気の流れを加減できるようにしたトンネル型の実験装置。物体の空気抵抗などを調べるときに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風洞の関連キーワードタイマー気流空気力学空力特性航空員に備わる人工気胸人工気象室空気力人工気腹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風洞の関連情報