疑似晴天(読み)ぎじせいてん

知恵蔵miniの解説

疑似晴天

悪天候と悪天候の狭間で一時的に晴れ間が広がること。疑似好天とも言う。発生の代表的なケースは、寒冷前線の通過に伴い低気圧と寒気の狭間で晴天になり、その後急速に天候が悪化するというもの。日本では、冬の日本海側の山岳地帯で頻発し、特に高山の場合、快晴の空が数時間で暴風雨となることもしばしばある。2012年5月の白馬岳遭難(6人死亡)、14年3月の大山遭難(3人死亡)など、疑似晴天が遭難の一因と考えられている事故は多く、山岳遭難の主因の一つともいわれる。

(2014-3-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎじ‐せいてん【疑似晴天】

悪天候の合間に、一時的に晴れ間が広がること。低気圧が通過する際に、一時的に天気が回復するが、数時間後には寒冷前線が通過し、再び気温が低下し、荒れた天候となる。疑似好天。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android