合間(読み)アイマ

  • あいま あひ‥
  • あいま〔あひ〕

デジタル大辞泉の解説

物事のとぎれる間の時間。あいだ。ひま。絶え間。「勉強の合間に仕事を手伝う」
物と物との間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物事と物事との間。いとま。すきま。多く時間的な意に用いる。
※申楽談儀(1430)神事奉仕の事「神事を本(ほん)にして、そのあひまの身上助からんための、上下なり」
※脱出(1935)〈福田清人〉二「食事と食事との合間をうかがひ」
② (多く「に」を伴って副詞的に用いる) ときたま。たま。まま。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「『江戸の女までが、此頃はちらほら真似やす』『さういへば間(アイマ)に見かけるネ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合間の関連情報