コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合間 アイマ

デジタル大辞泉の解説

あい‐ま〔あひ‐〕【合間】

物事のとぎれる間の時間。あいだ。ひま。絶え間。「勉強の合間に仕事を手伝う」
物と物との間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

合間の関連キーワード合いの手・間の手・合の手・相の手オペラ・ドゥ・ボージェディスク・ジョッキープレジデント・レーススナックラーニング山之口の文弥人形ザ・ピエロギスガーシュウィンテーブルロールビョルンソンカバーガールインターバル桧山 さくら遅延書き込み片手間仕事井戸端会議伊勢春慶乳汁漏出セコンドフィラー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合間の関連情報