コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天候 テンコウ

5件 の用語解説(天候の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てん‐こう【天候】

比較的短い期間の天気の総合的状態。また、天気のぐあい。空模様。天気と気候との中間の概念。「大会は天候に恵まれた」「不順な天候」「悪天候
天気[用法]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天候【てんこう】

数日から数週間程度の期間,または月,季節,年の単位の天気の総合的な状態。時間的には天気と気候の中間の概念で,たとえば〈1969年春の天候〉〈1970年の天候〉などという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんこう【天候】

比較的短期間の天気の総合的な状態のこと。天気と気候との中間的な概念として用いられ,5日とか10日,あるいは1月くらいの平均で表されることが多い。なお,大気の環流の模様があまり変わらず,似た天気変化の特性が続く状態のことを汎天候とよぶことがある。ドイツバウルF.Baurが提唱したGrosswetterlageから来た言葉である。【高橋 浩一郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんこう【天候】

数日から二、三か月ぐらいの期間の、大気の状態。天気と気候のほぼ中間の概念。 「 -不順」 〔類義の語に「天気」「気候」があるが、「天気」はある日時の気象状態、特に晴天の意。「気候」はより長期的総合的な気象状態をいう。それらに対して「天候」はある期間における気象状態の意を表す〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天候
てんこう

大気の状態を表すことばの一つ。天気といえば、瞬時からせいぜい2、3日間の状態である。気候といえば、普通は年スケールの状態をさす。天候は、天気と気候の中間の数日間から1か月間程度までの期間の大気の状態をいうのに用いられることばであり、平均値で示されることが多い。[平塚和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天候の言及

【天気】より

…人間の生活に影響を与える大気の状態のこと。広い意味では,ある時刻または長くない時間帯における気温,湿度,風,雲,降水,視程などの気象要素を総合した大気の状態のことで,数日以上にわたる長い時間帯の場合には天候といって区別することもある。狭い意味では雲や降水,雷などに関連した大気の状態に限定する。…

※「天候」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天候の関連情報