コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒冷前線 かんれいぜんせんcold front

翻訳|cold front

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒冷前線
かんれいぜんせん
cold front

前線の一種。冷たい気団が暖かい気団に向かって前進し,その下に楔形に入り込んでいるとき,その境の面を寒冷前面,地面と寒冷前面とが切り合った線を寒冷前線という。寒冷前面の傾斜は温暖前面に比べると急で,その進行に伴い暖気を急激に押し上げるため,背の高い積乱雲が生じる。前線の通過時には雲底は低くなり驟雨が降る。前線が通過すると,雨は比較的早くやみ,気温は低下する。北半球の風向きは,通過前は南または南西であるが,通過後は西または北西に変わる。(→温暖前線

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんれい‐ぜんせん【寒冷前線】

寒気側から暖気側へ移動している前線。寒気団暖気団の下に潜入して押し上げる。通過時には気温が急に降下し、驟雨(しゅうう)・雷雨・突風などを伴う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

寒冷前線【かんれいぜんせん】

寒気側から暖気側の方向に進む前線。寒気は暖気の下に潜入して暖気を押し上げ,前線の暖気側に比較的幅の狭い悪天域をつくる。前線面の傾斜は温暖前線に比べて急で,1/50〜1/100程度。
→関連項目寒波驟雨

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

パラグライダー用語辞典の解説

寒冷前線

寒気団が暖気団に潜り込む様に押し寄せてできる前線。積乱雲のような活発な雲が広い範囲に渡って発生しやすい状況をつくる。特徴として前線の移動速度が早い場合が多い。そして、通過する時は複数のラインを形成して移動してくる。通過時には、一時的に発生するウインドカームの後、突風や強い上昇気流が起こり、非常に危険な状態となる。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんれいぜんせん【寒冷前線】

寒気が暖気をおしのけて移動していく所にみられる前線。北半球では低気圧の中心から南西にのび、前線の付近では風向・風速が急激に変わり、驟雨しゆうう・雷雨を伴うことが多い。また、通過すると気温が急に下がる。 ↔ 温暖前線

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒冷前線
かんれいぜんせん

前線のうち寒気団のほうが優勢で暖気団側へ移動していく前線。寒気団は暖気団の下へ流れ込み暖気団を持ち上げ、寒冷前線に沿って積雲系の雲が発生する。寒冷前線の前面または後方で幅80~150キロメートルにわたり、にわか雨やにわか雪が降り、ときには雷を伴う。降水の強度は強いが、降水域は狭い。また、寒冷前線に沿って線状に雷雲の発達することが少なくない。冬季の雷のほとんどは寒冷前線によるものである。寒冷前線が通過するときは、気温や湿度は急に下がり、気圧は急上昇する。北半球では時計回りに急変し、ときには疾風(はやて)とよばれる突風が吹くことがあり、海上では時化(しけ)となって漁船が遭難することがある。
 寒冷前線は、中心に近い所のみが活発な温暖前線とは異なり、かなり遠方まで活発な天気現象を伴う。寒冷前線と地表面との傾きはおよそ50分の1ぐらいで、温暖前線より急となっている。[饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の寒冷前線の言及

【前線】より

…移動する前線は低気圧の中に現れる。移動方向が暖気側から寒気側に向かう前線が温暖前線,寒気が暖気に取って代わるような動きをするのが寒冷前線と呼ばれる。図3は東シナ海を北東に進む低気圧の中の前線である。…

※「寒冷前線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寒冷前線の関連キーワードビャークネス(Jacob Aall Bonnevie Bjerknes)東シナ海低気圧日本海低気圧前線性降水もつれ雲副低気圧疑似晴天寒の戻り不安定線パンペロ閉塞前線乱気流閉塞脈動竜巻界雷陣風暖域春雷黄砂

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒冷前線の関連情報