瘴煙・瘴烟(読み)しょうえん

  • しょうえん シャウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 瘴気を含む靄(もや)
※江都督納言願文集(平安後)三・自料大般若「瘴煙長銷。甘雨時若」
※春窓綺話(1884)〈高田早苗・坪内逍遙・天野為之訳〉一「遂に正義の士をして、徒(いたづ)らに毒霧瘴烟の中に呻吟せしめ」 〔元稹‐酬楽天春寄微之詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android