コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田早苗 たかだ さなえ

8件 の用語解説(高田早苗の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高田早苗

教育行政家・政治家・法学博士。東京生。号は半峰。大隈重信の腹心として早稲田大学の創設に参画、のちに総長となり、近代的な私学経営に新生面を拓く。衆議院議員を六期務め、貴族院議員に勅選される。その後官界に入り、外務省通商局長・文部省参事官等を歴任し、第二次大隈内閣文部大臣となる。昭和13年(1938)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかた‐さなえ〔‐さなへ〕【高田早苗】

[1860~1938]教育家・政治家。江戸の生まれ。大隈重信東京専門学校(のちの早稲田大学)の創立に参画。同校で主に憲法学を講じ、のち総長。その間、衆議院議員当選6回。第二次大隈内閣では文相を務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高田早苗【たかたさなえ】

政治家,教育家。江戸深川出身。小山田与清(ともきよ)の孫。東大卒。号は半峰(はんぽう)。大隈重信に協力し立憲改進党東京専門学校(のちの早大)の創設に参画。1890年以降衆議院に当選6回。
→関連項目読売新聞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田早苗 たかだ-さなえ

1860-1938 明治-昭和時代前期の教育家,政治家。
安政7年3月14日生まれ。大隈重信に協力し立憲改進党の結成や東京専門学校(現早大)創立に参画。明治23年衆議院議員(当選6回,改進党)。外務省通商局長,第2次大隈内閣の文相などを歴任。大正12年から昭和6年まで早大総長。昭和13年12月3日死去。79歳。江戸出身。東京大学卒。号は半峰。著作に「教育時言」「半峰昔ばなし」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たかたさなえ【高田早苗】

1860‐1938(万延1‐昭和13)
明治・大正・昭和期の教育者,政治家。江戸深川の生れ。1881年東大文学部在学中に小野梓と知り合い,改進党結成に参加。翌年卒業とともに東京専門学校(現,早稲田大学)創立に参画して同校の多くの講座を担当する。90年議会開設にともない衆議院議員となり通算6回当選。大隈重信をたすけて第2次大隈内閣の文相となり,1915年貴族院議員に勅選される。1900年東京専門学校学監,07年早稲田大学学長に就任,17年早稲田騒動で一時大学から引退するが,大隈没後には総長に就任,大学経営に力を注いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たかたさなえ【高田早苗】

1860~1938) 教育者・政治家。江戸の人。大隈重信らとともに東京専門学校(早稲田大学の前身)の創設に参加、同校で憲法を講じ、のち総長となる。その間衆議院議員当選六回、大隈内閣文相をも務めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田早苗
たかたさなえ

[生]安政7 (1860).3.14. 江戸
[没]1938.12.3. 東京
明治・大正・昭和期の教育家,政治家。号は半峰。1882年東京大学卒業後,大隈重信に協力して東京専門学校(→早稲田大学)の設立,経営に参画し,同校講師となる。1890年に衆議院議員に当選して政界に進出。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高田早苗
たかださなえ
(1860―1938)

教育者、政治家。東京生まれ。号は半峰(はんぽう)。1882年(明治15)東京大学文科を卒業後、大隈重信(おおくましげのぶ)を盟主とする立憲改進党の結成に加わり、小野梓(おのあずさ)と協力して早稲田に東京専門学校をおこした。小野早逝後は事実上の学長的存在として、私立高等教育の確立に尽力し、1902年同校を早稲田大学とし、慶応義塾と並ぶ二大私立大学とした。1888年『読売新聞』主筆となり、また1890年の第1回総選挙で衆議院議員に当選して以来、1903年の第8回選挙まで政治家としても活躍した。同時に英米政治研究の第一人者として『英国政典』『英国憲法史』など著書も多く、文芸・演劇・絵画にも第一級の鑑賞眼を示した。[正田健一郎]
『京口元吉著『高田早苗伝』(1962・早稲田大学出版部) ▽高田早苗著『半峰昔ばなし』(『明治大正文学回想集成6』所収・1983・日本図書センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高田早苗の関連キーワード守屋孝蔵阪谷芳郎杉山茂丸青山良道鎌田栄吉菊池清治北村又三郎佐藤寅太郎藤谷茂山内佐太郎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高田早苗の関連情報