コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田早苗 たかだ さなえ

美術人名辞典の解説

高田早苗

教育行政家・政治家・法学博士。東京生。号は半峰。大隈重信の腹心として早稲田大学の創設に参画、のちに総長となり、近代的な私学経営に新生面を拓く。衆議院議員を六期務め、貴族院議員に勅選される。その後官界に入り、外務省通商局長・文部省参事官等を歴任し、第二次大隈内閣文部大臣となる。昭和13年(1938)歿、79才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たかた‐さなえ〔‐さなへ〕【高田早苗】

[1860~1938]教育家・政治家。江戸の生まれ。大隈重信東京専門学校(のちの早稲田大学)の創立に参画。同校で主に憲法学を講じ、のち総長。その間、衆議院議員当選6回。第二次大隈内閣では文相を務めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高田早苗【たかたさなえ】

政治家,教育家。江戸深川出身。小山田与清(ともきよ)の孫。東大卒。号は半峰(はんぽう)。大隈重信に協力し立憲改進党東京専門学校(のちの早大)の創設に参画。1890年以降衆議院に当選6回。
→関連項目読売新聞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田早苗 たかだ-さなえ

1860-1938 明治-昭和時代前期の教育家,政治家。
安政7年3月14日生まれ。大隈重信に協力し立憲改進党の結成や東京専門学校(現早大)創立に参画。明治23年衆議院議員(当選6回,改進党)。外務省通商局長,第2次大隈内閣の文相などを歴任。大正12年から昭和6年まで早大総長。昭和13年12月3日死去。79歳。江戸出身。東京大学卒。号は半峰。著作に「教育時言」「半峰昔ばなし」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たかたさなえ【高田早苗】

1860‐1938(万延1‐昭和13)
明治・大正・昭和期の教育者,政治家。江戸深川の生れ。1881年東大文学部在学中に小野梓と知り合い,改進党結成に参加。翌年卒業とともに東京専門学校(現,早稲田大学)創立に参画して同校の多くの講座を担当する。90年議会開設にともない衆議院議員となり通算6回当選。大隈重信をたすけて第2次大隈内閣の文相となり,1915年貴族院議員に勅選される。1900年東京専門学校学監,07年早稲田大学学長に就任,17年早稲田騒動で一時大学から引退するが,大隈没後には総長に就任,大学経営に力を注いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たかたさなえ【高田早苗】

1860~1938) 教育者・政治家。江戸の人。大隈重信らとともに東京専門学校(早稲田大学の前身)の創設に参加、同校で憲法を講じ、のち総長となる。その間衆議院議員当選六回、大隈内閣文相をも務めた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田早苗
たかたさなえ

[生]安政7 (1860).3.14. 江戸
[没]1938.12.3. 東京
明治・大正・昭和期の教育家,政治家。号は半峰。1882年東京大学卒業後,大隈重信に協力して東京専門学校(→早稲田大学)の設立,経営に参画し,同校講師となる。1890年に衆議院議員に当選して政界に進出。外務省通商局局長,文部省参事官,高等学務局局長などを歴任。1900年東京専門学校学監,1907年早稲田大学学長に就任。1915年貴族院議員に勅選され,大隈内閣の文部大臣。1923年早稲田大学総長に就任し大学の経営に尽力,その基盤を固めた。政治学,経済学関係の著書多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高田早苗
たかださなえ
(1860―1938)

教育者、政治家。東京生まれ。号は半峰(はんぽう)。1882年(明治15)東京大学文科を卒業後、大隈重信(おおくましげのぶ)を盟主とする立憲改進党の結成に加わり、小野梓(おのあずさ)と協力して早稲田に東京専門学校をおこした。小野早逝後は事実上の学長的存在として、私立高等教育の確立に尽力し、1902年同校を早稲田大学とし、慶応義塾と並ぶ二大私立大学とした。1888年『読売新聞』主筆となり、また1890年の第1回総選挙で衆議院議員に当選して以来、1903年の第8回選挙まで政治家としても活躍した。同時に英米政治研究の第一人者として『英国政典』『英国憲法史』など著書も多く、文芸・演劇・絵画にも第一級の鑑賞眼を示した。[正田健一郎]
『京口元吉著『高田早苗伝』(1962・早稲田大学出版部) ▽高田早苗著『半峰昔ばなし』(『明治大正文学回想集成6』所収・1983・日本図書センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高田早苗の関連情報