コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江都督納言願文集 ごうととくどうげんがんもんしゅう

1件 の用語解説(江都督納言願文集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごうととくどうげんがんもんしゅう【江都督納言願文集】

唱導作品集。全6巻。大江匡房が1061年(康平4)から1111年(天永2)にかけて作った願文編を帝王,仙院,后妃,大臣,諸卿,(欠),女人,尼公,上客,庶人に部類し収録する。全6巻のうち,六蔵寺本は今日巻四を欠き5巻,永享7年(1435)の奥書を持つ古写本。中に天永二年十二月十八日,故匡房四十九日願文(匡房生前の擬作か)をも収める。匡房死後身辺の人が編纂したか。白河院の金峯山願文にみえる〈洞雲を履(ふ)んで嶺風に攀(よ)づ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone