コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌幹細胞 ガンカンサイボウ

デジタル大辞泉の解説

がん‐かんさいぼう〔‐カンサイバウ〕【×癌幹細胞】

癌細胞の中で幹細胞性質をもつ細胞。自己複製能力があり、さまざまな細胞に分化もできる。癌の発生の起源として考えられ、1997年にその存在が初めて確認された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

癌幹細胞の関連キーワードJNK

癌幹細胞の関連情報