コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白ミサ

デジタル大辞泉プラスの解説

白ミサ

ロシアの作曲家アレクサンドル・スクリャービンのピアノソナタ第7番(1911-12)。原題《Messe Blanche》。スクリャービン自身がフランス語の副題を付けた。半音階を多用した無調の作品として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

白ミサの関連キーワードスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第7番「白ミサ」/piano solo黒ミサ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android