副題(読み)ふくだい

精選版 日本国語大辞典 「副題」の意味・読み・例文・類語

ふく‐だい【副題】

〘名〙 書物論文などの表題のわきにそえ、内容を限定して表わす題目サブタイトル。また、それを付すこと。
※黒船前後(1933)〈服部之総〉撥陵遠征隊「『禁断国・朝鮮紀行』といふ堂々たる本が〈略〉『その地理歴史生産及び商業上の能力、其他々々を解明す』と副題してある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「副題」の意味・読み・例文・類語

ふく‐だい【副題】

書物・論文などの表題のわきに添え、内容をわかりやすく示した題。サブタイトル。
[類語]傍題サブタイトル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android