コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井半七(初代) しらい はんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井半七(初代) しらい-はんしち

?-? 江戸時代前期の陶工。
貞享(じょうきょう)(1684-88)のころ江戸今戸(いまど)村で,はじめて今戸焼土風炉(どぶろ)をつくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白井半七(初代)の関連キーワード陶工貞享