コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土風炉 ドブロ

3件 の用語解説(土風炉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ど‐ぶろ【土風炉】

茶の湯で、土を焼いて作った風炉。陶土製の風炉。奈良で作ったものを奈良風炉という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どぶろ【土風炉】

土製の風炉。茶道では形・塗りなど様々で種類が多い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の土風炉の言及

【風炉】より

…1259年宋に渡った臨済宗の僧,南浦紹明(なんぽじようみよう)(1235‐1308)によって,台子(だいす)とそこに飾る風炉,釜,杓立,建水,蓋置,水指の唐銅(からかね)皆具が日本に伝来したというのが,茶の湯の理解である。この唐銅風炉は,武野紹鷗によって土(ど)風炉(素焼の上に黒漆を塗る)が創作されることで和様化した。この形を紹鷗風炉,眉風炉といい,現在では唐銅風炉より上位とされる。…

※「土風炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土風炉の関連情報