コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞享 ジョウキョウ

大辞林 第三版の解説

じょうきょう【貞享】

年号(1684.2.21~1688.9.30)。天和の後、元禄の前。霊元・東山天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じょうきょう【貞享】

日本の元号(年号)。江戸時代の1684年から1688年まで、霊元(れいげん)天皇、東山(ひがしやま)天皇の代の元号。前元号は天和(てんな)。次元号は元禄(げんろく)。1684年(天和4)2月21日改元。1684年は甲子(かっし)にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい、甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。貞享年間の江戸幕府の将軍は徳川綱吉(つなよし)(5代)。1685年(貞享2)1月1日より、平安時代から823年にわたって使われていた宣明暦(せんみょうれき)(中国の太陰太陽暦の暦法のひとつ)に代わって、渋川春海(はるみ)らによって編纂されたの初の和暦である貞享暦(大和暦(やまとれき))の使用が始まった。1687年(貞享4)、霊元天皇は、この年に元服した皇子の東山天皇に譲位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貞享の関連情報