コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白化け シラバケ

デジタル大辞泉の解説

しら‐ばけ【白化け】

[名・形動]《近世語》
わざとありのままに言うこと。また、そのさま。
「只―に放下師までも品玉とる種の行所をさきへ見せ」〈浮・織留・一〉
そらぞらしく化けること。そらとぼけること。また、そのさま。
「―の贋(にせ)若君」〈浄・甲賀三郎〉
あけすけにいうこと。また、そのさま。
「かう―にぶちまけたら」〈伎・青砥稿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらばけ【白化け】

( 名 ・形動 )
〔近世語〕
わざとありのままに言ったりしたりする・こと(さま)。直すぐ化け。 「只-に放下師までも品玉とる種の行所をさきへ見せ/浮世草子・織留 1
あけすけに言う・こと(さま)。 「 -にごふてきを言ふな/洒落本・通言総籬」
そらぞらしく化けること。しらばくれること。また、そのさま。 「その-か黒塀に格子造りの囲い者/歌舞伎・与話情」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白化けの関連キーワード甲賀三郎格子造り浮世草子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白化けの関連情報