コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青砥稿花紅彩画 あおとぞうしはなのにしきえ

6件 の用語解説(青砥稿花紅彩画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青砥稿花紅彩画
あおとぞうしはなのにしきえ

歌舞伎狂言。世話物河竹新七 (→河竹黙阿弥 ) 作。通称『白浪五人男』。別名『弁天娘女男白波』『弁天小僧』。文久2 (1862) 年初演。歌川豊国の錦絵を題材に,日本駄右衛門,弁天小僧菊之助,南郷力丸忠信利平,赤星十三の5人を中心に描いた白波 (盗賊) 物。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あおとぞうしはなのにしきえ〔あをとザウシはなのにしきヱ〕【青砥稿花紅彩画】

歌舞伎狂言世話物。5幕。河竹黙阿弥作。文久2年(1862)江戸市村座初演。通称、弁天小僧・白浪五人男。別外題、弁天娘女男白浪。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青砥稿花紅彩画【あおとぞうしはなのにしきえ】

白浪五人男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あおとぞうしはなのにしきえ【青砥稿花紅彩画】

歌舞伎狂言。世話物。5幕8場。通称《弁天小僧》《白浪五人男》河竹黙阿弥作。1862年(文久2)3月江戸市村座で,弁天小僧を13世市村羽左衛門(後の5世尾上菊五郎),日本駄右衛門を3世関三十郎,南郷力丸を4世中村芝翫(しかん)らが初演。3世歌川豊国の役者見立絵にヒントを得て,在来の日本駄右衛門らの人名をつかい,青砥藤綱をからませた白浪物。序幕鎌倉初瀬寺(はせでら)と2幕目御輿ヶ岳(みこしがたけ)では,弁天小僧菊之助,南郷力丸,忠信利平,赤星十三郎が日本駄右衛門を首領とする五人組盗賊団をつくる経緯が描かれるが,眼目は3幕目〈浜松屋の場〉以下。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あおとぞうしはなのにしきえ【青砥稿花紅彩画】

歌舞伎狂言。世話物。五幕。河竹黙阿弥作。1862年(文久2)江戸市村座初演。日本駄右衛門を首領とする五人組盗賊団の結成から末路までを描く。三幕目「浜松屋」、四幕目「稲瀬川」が名高い。白浪五人男。弁天小僧。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青砥稿花紅彩画
あおとぞうしはなのにしきえ

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。5幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。通称「白浪五人男(しらなみごにんおとこ)」「弁天小僧(べんてんこぞう)」。1862年(文久2)3月江戸・市村座で、5世尾上(おのえ)菊五郎(当時13世市村羽左衛門)の弁天小僧、3世関三十郎の日本駄右衛門(にっぽんだえもん)、4世中村芝翫(しかん)の南郷力丸(なんごうりきまる)らにより初演。3世歌川豊国(とよくに)筆の役者見立ての錦絵(にしきえ)「白浪五人男」に着想した作である。別名題『弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)』。
 序幕(新清水初瀬寺(しんきよみずはせでら))、二幕(神輿ヶ嶽(みこしがたけ))―盗賊弁天小僧菊之助は兄貴分の南郷力丸と組んで、信田(しだ)小太郎になりすまし、小太郎の許嫁(いいなずけ)千寿姫を誘惑、大盗日本駄右衛門に度胸を見込まれて輩下になり、赤星十三郎(あかぼしじゅうざぶろう)、忠信利平(ただのぶりへい)らとともに白浪五人男とよばれる。三幕(浜松屋店先、同蔵前)―弁天は武家娘に変装し、供侍に化けた南郷とともに、呉服商浜松屋で万引きしたとみせかけて強請(ゆすり)を働く。駄右衛門はわざと弁天の正体を見破り、浜松屋の主人幸兵衛の信用を得て、その夜大金を強奪しようとするが、はからずも、弁天は幸兵衛の実子、幸兵衛の息子は駄右衛門の実子とわかり、一同は因果に驚く。四幕(稲瀬川)―五人男の勢揃(せいぞろ)い。大詰(極楽寺(ごくらくじ)屋根、山門)―捕り手に囲まれた弁天は屋根の上で切腹し、駄右衛門は青砥左衛門(あおとさえもん)の手で縄にかかる。
 初瀬寺の花見、神輿ヶ嶽の「だんまり」、極楽寺屋根上の立回り、大ゼリを使った山門など、題名どおりの錦絵美で一貫しているが、ことに「浜松屋店先」は、美しい娘姿の弁天があぐらをかき、肌を脱いで桜のいれずみを見せる官能美と、「知らざあ言って聞かせやしょう」の長台詞(ながぜりふ)で知られ、また「稲瀬川」の五人男のツラネも有名で、この2場だけの上演がとくに多い。弁天は、当時19歳だった5世菊五郎の出世芸で、以後尾上(おのえ)家の家の芸になり、近年では7世菊五郎の当り役。そのほか多くの人によって上演されている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の青砥稿花紅彩画の言及

【青砥藤綱】より

…曲亭馬琴作の読本《青砥藤綱模稜案(もりようあん)》(1811‐12刊)は,藤綱の名を借り,和漢の公事訴訟譚を基礎に推理小説風の展開で作品化,これには大岡裁きに共通する説話をも含む。歌舞伎では1852年(嘉永5)7月江戸市村座初演《名誉仁政録》(3世桜田治助作)や,前記《模稜案》の脚色作である1846年(弘化3)7月市村座初演《青砥稿(ぞうし)》(3世桜田治助作),また62年(文久2)3月市村座初演《青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)》(河竹黙阿弥作)などに登場,ある場合には大岡越前守の名をはばかって藤綱とすることもあったが,いずれにせよ事件の善悪理非を判断する〈さばき役〉として大団円に登場,また浄瑠璃《摂州合邦辻(せつしゆうがつポうがつじ)》(1773初演)の合邦が藤綱の子として描かれるなど,藤綱は庶民の守護神的性格を具備した為政者として理想化された。【小池 章太郎】。…

※「青砥稿花紅彩画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青砥稿花紅彩画の関連キーワード生世話物江戸狂言歌舞伎狂言時代狂言島原狂言世話狂言離れ狂言いろは新助小春穏沖津白浪処女評判善悪鏡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青砥稿花紅彩画の関連情報