コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白土双儀 しらつち そうぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白土双儀 しらつち-そうぎ

?-? 江戸時代後期の医師。
下総(しもうさ)の人。京都で吉益南涯(よします-なんがい)の門にまなび,江戸で開業。文政3年(1820)「医家人名録」を刊行した。名は彝。字(あざな)は子秉。号は竜峰。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android