吉益南涯(読み)よします なんがい

  • よしますなんがい
  • 吉益南涯 よします-なんがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1750-1813 江戸時代中期-後期の医師。
寛延3年生まれ。吉益東洞の子。京都で医業をつぐ。天明8年の大火で一時大坂にうつり,のち京都にかえる。父の万病一説を修正して気水説をとなえた。文化10年6月13日死去。64歳。名は猷。字(あざな)は修夫。通称大助,周助。初号は謙斎。著作に「傷寒論精義」「医範」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]寛延3(1750).京都
[没]文化10(1813).6.13. 京都
江戸時代中期の医家。吉益東洞長男。 24歳のとき父の死去で医業を継ぐ。天明8 (1788) 年京の大火で大坂に移り,43歳のとき再び京都に帰った。父の万病一毒説を補充し,毒は気,血,水に現れるので,薬もそれぞれに作用するものを用いなければならないとし,『気血水薬徴』を著わした。ほかに『医範』『傷寒論精義』『方機』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android