コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉益南涯 よします なんがい

美術人名辞典の解説

吉益南涯

江戸後期の医者。名は猷、字は修夫、周介と号する。東洞の長子。文化10年(1813)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉益南涯 よします-なんがい

1750-1813 江戸時代中期-後期の医師。
寛延3年生まれ。吉益東洞の子。京都で父の医業をつぐ。天明8年の大火で一時大坂にうつり,のち京都にかえる。父の万病一毒説を修正して気血水説をとなえた。文化10年6月13日死去。64歳。名は猷。字(あざな)は修夫。通称は大助,周助。初号は謙斎。著作に「傷寒論精義」「医範」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉益南涯
よしますなんがい

[生]寛延3(1750).京都
[没]文化10(1813).6.13. 京都
江戸時代中期の医家。吉益東洞の長男。 24歳のとき父の死去で医業を継ぐ。天明8 (1788) 年京の大火で大坂に移り,43歳のとき再び京都に帰った。父の万病一毒説を補充し,毒は気,血,水に現れるので,薬もそれぞれに作用するものを用いなければならないとし,『気血水薬徴』を著わした。ほかに『医範』『傷寒論精義』『方機』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

吉益南涯の関連キーワード千葉良蔵難波立愿中川修亭難波抱節華岡青洲大沢友信伊藤鹿里今尾祐迪白土双儀吉益子直武田大成辻喜安医家林復

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android