白方 大三郎(読み)シラカタ ダイザブロウ

20世紀日本人名事典「白方 大三郎」の解説

白方 大三郎
シラカタ ダイザブロウ

大正・昭和期の実業家 伊予織物協同組合理事長。



生年
明治26(1893)年3月2日

没年
昭和49(1974)年5月21日

出身地
愛媛県松山市

経歴
大正12年愛媛県松山市で伊予絣の製造を始め、昭和12年白方機織所(現・白方興業)を設立。伊予織物協同組合理事長として絣生産の発展に力を注いだ。松山商工会議所会頭、県商工会議所連合会会頭などを歴任

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android